2009年10月14日水曜日

東京芸大のスケッチブック

24x7エンジニアリング (勤務先に8x5、残りは個人プロジェクト *1) の僕らにとって、メモ帳と多色ボールペンは片時も手放せない補助記憶装置ですが、自分にピッタリくるものを見つけるのは意外と難しいのではないでしょうか。

僕は、しばらく前から東京芸大スケッチブックの一番小さいヤツをメモ帳に使ってて、なかなかのお気に入りです。

RHODIAなんかもいいんですが平綴じなのが好みに合わず、その点芸大スケッチブックはリング綴じなので使いやすいし、大きすぎず小さすぎず、いい感じです。

紙質はツルツルしすぎないサラリとした薄手の紙で書きやすく、お値段も確か100円台だったので気兼ねなく使えます。去年のGWに芸大美術館にバウハウス・デッサウ展を見に行ったときにミュージアムショップで見つけて、何冊か買ったものの買い置きが切れ、これが最後の一冊です。

上野方面に行ったら補充しようと思うんですが、なかなかそちら方面に行く用事がなく、敢えて言うなら、その補充の難しさが僕的な唯一の短所かも。


*1 あくまでマインドとして、です(笑)。

0 件のコメント:

コメントを投稿